ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピの写真

 

 

今回のお料理はこんな感じです♪

しんなりと蒸し焼きにしたピーマンはとても食べやすいですよ。さつま揚げとも相性バッチリ!

 


スポンサーリンク


 

 

材料(4人分)

●ピーマン...4個
●さつま揚げ...2枚
●ごま油...大さじ1
●水...80ml

 
【味付け】
●醤油...大さじ1/2
●酒...大さじ1/2
●みりん...大さじ1/2

 

 

作り方

 

STEP

 
ピーマンはヘタと種を取り細く切ります。
さつま揚げは薄切りにします。

 

STEP

 
フライパンを中火で温めてごま油を入れて熱します。

 

STEP

 
ピーマンを入れてごま油と馴染むように炒めます。

ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピの写真

 

STEP

 
水を加えて蓋をし、水気が無くなるまで蒸し焼きします。

 

STEP

 
さつま揚げと味付けの材料を加えて汁気が無くなるまで炒めます。

ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピの写真

 

出来上がり♪

 
ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピの写真

 
 
ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピの写真

 
 
ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピの写真

 

 

 

作り方について

蒸し焼きにする事でピーマンがしんなりとして食べやすくなり食感と独特な味を抑える事が出来ます。

 

 

 

いただきます♪

ピーマンの料理なのにご飯が進む!

蒸し焼きにしてしゃきしゃき感と苦味が無く食べやすい!

そして何よりもさつま揚げとピーマンが良く合います。

ピーマンを克服する第一歩にいかがでしょうか?

 


スポンサーリンク


 

 

今回使った材料の豆知識

 

【ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピ】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

ピーマンが苦手な方におすすめ!

当サイトで
「うちの子はピーマンが嫌いで食べませんピーマンの美味しい料理はありますか?」
と言うお問い合わせをいただきます。

そこでおすすめなが
ピーマンを肉と煮てしんなりさせるとピーマンの苦みと食感がだいぶ抑えられて食べやすいのでオススメです。

 

 

濃口醤油より薄口醤油の方が塩分が高い!?

濃口醤油の塩分は16%

薄口醤油の塩分は18%

濃口醤油の方が塩分が高いように思われますが、じつはその逆で濃口醤油と薄口醤油を比べますと薄口醤油の方が塩分が高いのです。

 

 

みりん風調味料と本みりんの違いとは?

本みりんには添加物は含まれていません。

みりん風調味料は水飴、化学調味料、塩などが含まれています。
調理する際は塩分を減らして使いましょう。

含まれているアルコールにも違いがあります。
本みりんにはアルコールが多く含まれてますが、みりん風調味料にはアルコールは約1%です。

 

 

お知らせ

 

当サイト【アイラブ・メシ】のLINEアカウントです!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

友だち追加

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、お問い合わせなど

【ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピ】で使った食材の関連レシピ

【ピーマンとさつま揚げのきんぴらのレシピ】のまとめ

お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

 

今回のレシピでは【ピーマン、ごま油、醤油】を使いましたが、他にもレシピがございます。

 

【ピーマン】を使ったレシピ一覧

【ごま油】を使ったレシピ一覧

【醤油】を使ったレシピ一覧

 

 

ピーマンのおすすめレシピ

最後の1滴まで飲み干せる!スープカレーパスタのレシピ

 

ごま油のおすすめレシピ

あっと言う間に出来ちゃう!ほうれん草のナムルのレシピ

 

醤油のおすすめレシピ

残りカレーで作る!豆腐カレースープのレシピ

 

 

※その他のレシピも検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

ピックアップ

 

ご飯が進む!厚揚げ肉そぼろのレシピの写真

ご飯が進む!厚揚げ肉そぼろのレシピ
作り方はこちら

 

 

 

まとめ

さつま揚げと蒸し焼きにしたピーマンの組み合わせのきんぴらをご紹介しました。

今回のレシピはとにかく【蒸し焼き】がポイントです。

水気が無くなるまでしっかりと蒸し焼きをしましょう。

味付けは醤油、酒、みりんの三種類だけ!

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 


スポンサーリンク