お問い合わせやSNSで「ゼラチンを使ったスイーツが固まらずに失敗した」というメールやメッセージを頂きました。

今回はそのゼラチンについて失敗の原因をご紹介します。

 

 

ゼラチンんについて

ゼリーやババロア、プリンなどのお菓子作りに使われます。

 

 

お菓子だけではなく料理にも使えます。

事前に水とあわせてふやかして使いますが、そのまま使うゼラチンもあります。

当サイトでは水と合わせてふやかして使う事が多いです。

それでは、ゼラチンを使って失敗した原因をひとつひとつ見ていきましょう!

 

 

固まりにくいフルーツなどの食材が入っている

キウイ、パイナップル、メロンにはタンパク質分解酵素が含まれています。

このタンパク質分解酵素がゼラチンの固める力を阻害してしまうのです。

タンパク質分解酵素が含まれているフルーツを過熱するとタンパク質分解酵素の働きが失われ、ゼラチンで固める事が出来ます。

※写真はメロンゼリーです。メロンもしっかり火を通せばゼリーを作る事が出来ます。

 

 

ゼラチンがよく溶けていない

温めた液にゼラチンを入れる事で防ぐ事が出来ます。

冷たい液にゼラチンを加えても当然、溶けてはくれません。

液を温める事が出来なければ、水と合わせたゼラチンを少しだけレンジなどで温めてゼラチンを溶かして加えてみて下さい。

 

 

ゼラチンを加えた後、過熱のしすぎ

当サイトではゼラチンを加える前に火を止める事が多いです。(一部のレシピは除く)

これは過熱のしすぎを防ぐ為です。

 

 

アルコール度数が高い

アルコール度数が高いものをゼラチンで固めたい場合、ゼラチンを加える前に沸騰させてアルコールをある程度、飛ばしましょう。

 

 

ゼラチンが少ない

 

当サイトではプリン液400mlに対してゼラチン4gを使う事が多いです。

ゼラチン3gだとトロトロ。

ゼラチン5gだとしっかりとした食感。

この量を目安にしてみてはいかがでしょうか?

プリン液400mlに対してゼラチン1gもしくは2gだと少しとろみはありますが、ゆるすぎるかと思います。

 

※写真は練乳プリンです。ゼラチンの量を調整する事で食感を変える事が出来るのも手作りのいいところ!

 

 

酸味が強すぎる材料をたくさん使うと固まらない

酸味が強すぎる材料をゼラチンで固めたくても固まらない場合、酸味を減らしてみて下さい。

 

 

最後に

ご紹介した原因を参考にしてみて下さい。コツさえつかめばとても簡単にゼラチンを使いこなせる事が出来ますよ。

 

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめ、最新情報など

ゼラチンを使ったレシピ

ゼラチンについてのまとめ

最新情報、お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

過去に当サイトでご紹介したゼラチンを使ったスイーツです。

 

練乳のとろとろミルクプリンのレシピ

さつまいもクリームがけミルクプリンのレシピ

簡単!なめらか!さつまいもプリンのレシピ

 

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

 

ゼラチンが固まらない原因のまとめ

■その1
固まりにくいフルーツなどの食材が入っている

 
 
■その2
ゼラチンがよく溶けていない

 
 
■その3
ゼラチンを加えた後、過熱のしすぎ

 
 
■その4
アルコール度数が高い

 
 
■その5
ゼラチンが少ない

 
 
■その6
酸味が強すぎる材料をたくさん使うと固まらない

 

 

 

最新情報

当サイトの最新情報のお知らせを受け取れます。
下の読者登録をクリックしてメールアドレスをご記入して送信して下さい。
当サイトが記事を更新するとメールでお知らせをいたします。

読者登録

 

さらに、ツイッターとスナップディッシュでは最新情報のお知らせや過去にご紹介したレシピも載せております。

ツイッターはこちら

スナップディッシュはこちら

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 



スポンサーリンク