豆板醤でピリ辛!大根とちくわの簡単みそ汁のレシピの写真

 

 

今回のお料理はこんな感じです♪

顆粒タイプのかつおだしを使って簡単に作るみそ汁です。
豆板醤を入れて少し辛くしました。

 


スポンサーリンク


 

材料(4人分)

●味噌...大さじ4
●かつおだし(顆粒)...小さじ2
●豆板醤...小さじ1
●水...800ml

 
【具】
●大根...200g
●ちくわ...3本
●長ねぎ...1本

 

 

作り方

 

(1)

 
具を切ります。

大根は皮を剥き、5ミリくらいのいちょう切りにします。

長ねぎは小口切りにします。

ちくわは5ミリくらいの輪切りにします。

 

(2)

 
鍋に水と大根を入れて蓋をし、強火にかけます。

 

(3)

 
沸騰したら弱火にして3分加熱します。

 

(4)

 
長ねぎ、ちくわ、顆粒だし、味噌を入れます。

 

(5)

 
味噌を溶かして2分ほど加熱します。

 

(6)

 
器に入れる前に中火で軽く温めます。

 

出来上がり♪

 
豆板醤でピリ辛!大根とちくわの簡単みそ汁のレシピの写真

 
 
豆板醤でピリ辛!大根とちくわの簡単みそ汁のレシピの写真

 

 

 

作り方について

豆板醬は製造会社によって、辛さに違いがあるますので調整して下さい。

具は大根、ちくわ、長ねぎを使いましたがお好みの具を使ってアレンジも自由に出来ます。

色んな食材で作り楽しんでみて下さい。

 

 

 

いただきます♪

ほんのりと辛さが感じ、かつおだしのおかげで深みがあります。

みそ汁に入れた大根は何故こんなに美味しいのでしょう!

大根の食感、みそ汁の味との相性。

どれも最高!

 


スポンサーリンク


今回使った材料の豆知識

 

【豆板醤でピリ辛!大根とちくわの簡単みそ汁のレシピ】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

大根の保存方法と保存期間

 
【保存方法】
大根に葉がついてる場合、切り取ります。葉が大根の栄養を吸ってしまうからです。
新聞もしくはラップに包み、ペットボトルや牛乳パックを半分に切ったものに入れて立てて保存します。
横にした状態で保存すると、横から縦になろうとしてエネルギーを使ってしまい糖分と水分が減り、しおれてしまいます。
大根を切った場合も切り口をしっかり隠れるように大根全体にラップをします。

【保存期間】
冷蔵庫で1~2週間

 

 

ちくわは冷凍出来るんですよ!

【冷凍方法】
ちくわを買って未開封の状態であればそのまま冷凍出来ます。

袋を開けた場合、ちくわを1本ずつラップで包んでフリーザーバッグに入れて冷凍します。

【保存期間】
1ヶ月

【解凍方法】
冷蔵庫に移して解凍

 

 

お知らせ

 

当サイト【アイラブ・メシ】のLINEアカウントです!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、お問い合わせなど

【豆板醤でピリ辛!大根とちくわの簡単みそ汁のレシピ】で使った食材の関連レシピ

【豆板醤でピリ辛!大根とちくわの簡単みそ汁のレシピ】のおさらい

お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

 

今回のレシピでは【大根、長ねぎ】を使いましたが、他にもレシピがございます。

 

【大根】を使ったレシピ一覧

【長ねぎ】を使ったレシピ一覧

 

 

大根のおすすめレシピ

 

長ねぎのおすすめレシピ

 

※その他のレシピも検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

ピックアップ

 

ピリ辛しょうゆダレのマヨネーズ入り豚つくねのレシピの写真

ピリ辛しょうゆダレのマヨネーズ入り豚つくねのレシピ

作り方

 

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お問い合わせのお名前は匿名でも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 

 

レシピのおさらい

豆板醬は製造会社によって、辛さに違いがあるますので調整して下さい。

具は大根、ちくわ、長ねぎを使いましたがお好みの具を使ってアレンジも自由に出来ます。

色んな食材で作り楽しんでみて下さい。

このみそ汁はほんのりと辛さが感じ、かつおだしのおかげで深みがあります。

みそ汁に入れた大根はとにかく美味しい!

大根の食感、みそ汁の味との相性。

どれも最高!


スポンサーリンク