【つゆは手作り】さっぱりワサビそうめんのレシピの写真

 

 

今回のお料理はこんな感じです♪

めんつゆは使わず、つゆは手作りします。ワサビ入りでツンとくる感じがたまらない!

 


スポンサーリンク


 

 

材料(2人分)

●そうめん...2人分
●水(そうめんを茹でる用)...適量

 
【つゆ】
●水...200ml
●醤油...大さじ4
●みりん...大さじ2
●鶏ガラスープの素...小さじ1
●ワサビ...小さじ1/2~小さじ1
●長ねぎ...1/2本

 

 

作り方

 

STEP

 
長ねぎはみじん切りにします。

 

STEP

 
鍋に水、醤油、みりん、鶏ガラスープの素を入れて強火で火にかけて沸騰させます。

 

STEP

 
沸騰したら、弱火にして1分ほど加熱します。

 

STEP

 
火を止めて冷まします。

 

STEP

 
そうめんを茹でます。
別の鍋に水を入れて強火で火にかけて沸騰させます。

 

STEP

 
中火にしてそうめんを入れて茹でます。

※火力は調整して下さい。

 

STEP

 
そうめんをザルに移して、流水でしめます。

 

STEP

 
そば皿などにそうめんを移します。

 

STEP

 
ステップ4に長ねぎとワサビを入れて混ぜます。

 

STEP10

 
器につゆを移します。

 

出来上がり♪

 
【つゆは手作り】さっぱりワサビそうめんのレシピの写真

 
 
【つゆは手作り】さっぱりワサビそうめんのレシピの写真

 
 
【つゆは手作り】さっぱりワサビそうめんのレシピの写真

 
 
【つゆは手作り】さっぱりワサビそうめんのレシピの写真

 

 

 

作り方について

そうめんは袋に記載されている時間通りに茹でて下さい。

ワサビの量はお好みで調整して下さい。

 

 

 

いただきます♪

ワサビによりツーンときますが、これが病みつきになります。

つゆに鶏ガラスープの素が入ってるので深い味わいになってます。

長ねぎのシャキシャキ感もたまらない!

 


スポンサーリンク


 

 

今回使った材料の豆知識

 

【つゆは手作り】さっぱりワサビそうめんのレシピで使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

濃口醤油より薄口醤油の方が塩分が高い!?

濃口醤油の塩分は16%

薄口醤油の塩分は18%

濃口醤油の方が塩分が高いように思われますが、じつはその逆で濃口醤油と薄口醤油を比べますと薄口醤油の方が塩分が高いのです。

 

 

長ねぎの保存方法と保存期間

 
【保存方法】
青い部分と白い部分を切り分けてそれぞれ新聞紙に包みます。
冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。

 
●冬の場合
冬は冷蔵庫ではなく冷暗所で保存できます。新聞紙に包み、立てて保存します。

 
●冷凍保存も可能です。
長ねぎを洗って水分をふき取りみじん切り、細切り、斜め切りなどに切ります。
1度に使いきれる量をラップで包み、平らにして空気を抜きフリーザーバックに入れて冷凍します。

【保存期間】
冷蔵庫で1週間から10日
冷凍庫で1カ月

 

 

みりん風調味料と本みりんの違いとは?

本みりんには添加物は含まれていません。

みりん風調味料は水飴、化学調味料、塩などが含まれています。
調理する際は塩分を減らして使いましょう。

含まれているアルコールにも違いがあります。
本みりんにはアルコールが多く含まれてますが、みりん風調味料にはアルコールは約1%です。

 

 

 

お知らせ

 

当サイト【アイラブ・メシ】のLINEアカウントです!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

友だち追加

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめなど

【つゆは手作り】さっぱりワサビそうめんのレシピで使った食材の関連レシピ

【つゆは手作り】さっぱりワサビそうめんのレシピについてのまとめ

お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

 

今回のレシピでは【長ねぎ】を使いましたが、他にも【長ねぎ】を使ったレシピがございます。

 

【長ねぎ】を使ったレシピ一覧

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

 

レシピのまとめ

今回のお料理はこんな感じです♪
めんつゆは使わず、つゆは手作りします。ワサビ入りでツンとくる感じがたまらない!

 
 
作り方について
そうめんは袋に記載されている時間通りに茹でて下さい。

ワサビの量はお好みで調整して下さい。

 
 
いただきます♪
ワサビによりツーンときますが、これが病みつきになります。

つゆに鶏ガラスープの素が入ってるので深い味わいになってます。

長ねぎのシャキシャキ感もたまらない!

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 


スポンサーリンク