■ポイント

隠し味にりんごジャムを入れてまろやかな風味にします。さらに今回は、野菜を小さく切って煮る時間を短くします。

 

 



スポンサーリンク

 

材料(8皿分)

●オリーブオイル...大さじ1
●水...1000ml~1200ml
●りんごジャム...大さじ2~3
●カレールー...1箱

 
【具】
●玉ねぎ...2個
●なす...2個
●にんじん...1本
●豚ひき肉か合びき肉...300g

 

 

りんごジャムの作り方はこちら

作り方その1

作り方その2

 

 

作り方

 

STEP

 
野菜を切ります。
玉ねぎ、にんじん、なすはそれぞれ粗みじん切りします。

※粗みじん切り=みじん切りより大きめ

 

STEP

 
鍋を火にかけて温めて、オリーブオイルを熱します。

 

STEP

 
ステップ2にひき肉を入れて炒めて火を通します。

 

STEP

 
ステップ3に切った野菜を加えます。

 

STEP

 
2分ほど炒めます。

 

STEP

 
ステップ5に水を入れて沸騰させます。

※灰汁が出てきたら取り除いて下さい。

 

STEP

 
弱火にしてカレールーを加えて混ぜながら溶かします。

 

STEP

 
カレールーが溶けたら、りんごジャムを加えて混ぜて5分~10分ほど過熱します。

 

出来上がり♪

 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

 

作り方について

カレールーは違うメーカーの2種類入れる事をオススメします。

別々のルーを入れるととても美味しくなります。

野菜を細かくする事で時短になりますし、さらに食べやすくなります。

 

 

食レポ♪

今回は辛口を入れたのですが、りんごジャムを入れる事でまろやかな感じが加わって美味しいです。

隠し味程度なので、【あ、りんごジャム入ってる!】とはなりませんが、是非お試し下さい。

 



スポンサーリンク

 

 

今回使った材料の豆知識

 

【りんごジャム入り!カレーライスのレシピ】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

開封後のカレールーの保存

シールを開封した後、固形のカレールーが余ったらしっかり密閉出来る容器に入れて冷蔵庫で保存します。

 

 

なすのアク抜き時間

なすのアク抜きをする際、水に浸けますが水に浸ける時間が長すぎるとなすの栄養が水に流れてしまうそうですよ。

水に浸ける時間は長くても15分です。

 

 

ひき肉の保存方法

ひき肉の保存は冷凍をオススメします。


1度に使いきれる量のひき肉をラップで薄く平にして包みます。


フリーザーバッグにラップで包んだひき肉をまとめて入れます。


フリーザーバッグの口をしっかり閉めて冷凍庫に入れます。

 

【保存期間】
2週間~1ヵ月まで

 

 

 

LINE@始めました!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

LINE@限定プレゼントキャンペーンを実施予定です!

友だち追加

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめ、最新情報など

【りんごジャム入り!カレーライスのレシピ】で使った食材の関連レシピ

【りんごジャム入り!カレーライスのレシピ】についてのまとめ

最新情報、お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

今回のレシピでは【オリーブオイル】を使いましたが、他にも【オリーブオイル】を使ったこのようなレシピがございます。

 

オリーブオイルで炒める!ねぎ味噌のレシピ

キャベツのカレーコンソメパスタのレシピ

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

 

レシピのまとめ

■ポイント
隠し味にりんごジャムを入れてまろやかな風味にします。さらに今回は、野菜を小さく切って煮る時間を短くします。

 
 
■作り方について
カレールーは違うメーカーの2種類入れる事をオススメします。

別々のルーを入れるととても美味しくなります。

野菜を細かくする事で時短になりますし、さらに食べやすくなります。

 
 
■食レポ
今回は辛口を入れたのですが、りんごジャムを入れる事でまろやかな感じが加わって美味しいです。

隠し味程度なので、【あ、りんごジャム入ってる!】とはなりませんが、是非お試し下さい。

 

 

最新情報

当サイトの最新情報のお知らせを受け取れます。
下の読者登録をクリックしてメールアドレスをご記入して送信して下さい。
当サイトが記事を更新するとメールでお知らせをいたします。

読者登録

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 



スポンサーリンク