がっつり食べれる!牛肉ときゃべつの黒こしょうオイスターソース炒めの写真

 

 

まえがき

下味をつけた牛肉とキャベツをオイスターソースと黒こしょうで炒めます。
ご飯が進みもりもり食べれるおかず!

 


スポンサーリンク


 

材料(2人分)

●牛薄切り肉...150g
●キャベツ...200g
●サラダ油...大さじ1

 
【下味】
●醤油...小さじ1
●片栗粉...小さじ1
●すりおろしにんにく...小さじ1/2

 
【調味料】
●オイスターソース...大さじ1
●酒...大さじ1
●黒こしょう...小さじ1/2

 

 

作り方

 

(1)

 
牛肉に下味をつけます。

ボウルに牛肉と下味の材料を入れて良く揉み混ぜます。

がっつり食べれる!牛肉ときゃべつの黒こしょうオイスターソース炒めの写真

 

(2)

 
キャベツはザク切りにします。

 

(3)

 
フライパンを中火にかけサラダ油をひき(1)と(2)を入れて牛肉に火が通って尚且つキャベツがしんなりするまで炒めます。

がっつり食べれる!牛肉ときゃべつの黒こしょうオイスターソース炒めの写真

 

(4)

 
調味料の材料を入れて馴染むまで炒めます。

 

出来上がり♪

 
がっつり食べれる!牛肉ときゃべつの黒こしょうオイスターソース炒めの写真

 
 
がっつり食べれる!牛肉ときゃべつの黒こしょうオイスターソース炒めの写真

 

 

 

作り方について

下味ににんにくを小さじ1/2使いますが、ガツンと前に出てくるほどでは無いので食べやすいです。

牛肉に火が通ってから野菜を加えて炒める事が多いと思いますが、今回の調理では肉と野菜は同時に入れて炒めます。その方が牛肉を炒めすぎて固くなる事はありません。

 

 

 

いただきます♪

牛肉の下味がとてもいい働きをしてくれています。しんなりしたキャベツとも相性がいいですし、オイスターソースの味付けでご飯が進みます。

キャベツたっぷりでボリュームがあり、もりもり食べれます。

 


スポンサーリンク


 

使った材料の小話

 

濃口醤油より薄口醤油の方が塩分が高い!?

 

濃口醤油の塩分は16%

薄口醤油の塩分は18%

濃口醤油の方が塩分が高いように思われますが、じつはその逆で濃口醤油と薄口醤油を比べますと薄口醤油の方が塩分が高いのです。

 

 

きゃべつの蒸し焼きは美味しいですよ!

 

生のきゃべつはしゃきしゃきして美味しいですが、蒸し焼きにしてしんなりとさせても美味しいですよ。

(1)
きゃべつ1/2玉を千切りにします。

(2)
フライパンに千切りにしたきゃべつと水100mlを入れます。

(3)
フライパンに蓋をして強火で火にかけて沸騰させます。

(4)
中火にして蒸し焼きします。

(5)
水気が無くなる直前に蓋をあけて混ぜながら水気を飛ばします。

※ドレッシングや焼き肉のタレをかけて召し上がれ!

 

 

お知らせ

 

当サイト【アイラブ・メシ】のLINEアカウントです!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、お問い合わせなど

【がっつり食べれる!牛肉ときゃべつの黒こしょうオイスターソース炒め】で使った食材の関連レシピ

【がっつり食べれる!牛肉ときゃべつの黒こしょうオイスターソース炒め】のおさらい

お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

 

今回のレシピでは【オイスターソース、にんにく】を使いましたが、他にもレシピがございます。

 

【オイスターソース】を使ったレシピ一覧

【にんにく】を使ったレシピ一覧

 

 

オイスターソースのおすすめレシピ

ガーリック肉そぼろのとろとろ目玉焼き添えのレシピ

 

にんにくのおすすめレシピ

じゃがいもの揚げないヘルシー唐揚げのレシピ

 

※その他のレシピも検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

ピックアップ

 

砂糖とバターのりんご煮アイス添えのレシピ

作り方

 

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お問い合わせのお名前は匿名でも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 

 

レシピのおさらい

  • 下味ににんにくを小さじ1/2使いますが、ガツンと前に出てくるほどでは無いので食べやすい
  • 牛肉に火が通ってから野菜を加えて炒める事が多いと思いますが、今回の調理では肉と野菜は同時に入れて炒めます。その方が牛肉を炒めすぎて固くなる事は無い!
  • 牛肉の下味がとてもいい働きをしてくれて、しんなりしたキャベツとも相性がいい。オイスターソースの味付けでご飯が進む


スポンサーリンク