【味しみしみ】大根とさつま揚げの煮物の写真

 

 

まえがき

柔らかくなるまで煮た大根とさつま揚げはよく合います。

 


スポンサーリンク


 

材料(4人分)

●大根...300g(正味)
●さつま揚げ...2枚
●昆布...5g
●水...400ml

※今回のレシピではにんじんとごぼうが入ってるさつま揚げを使いました。

 
【調味料】
●醤油...大さじ3
●みりん...大さじ3
●酒...大さじ1

 

 

作り方

 

(1)

 
大根は皮を剥いて厚さ1センチの半月切りにします。

昆布はキッチンバサミで3等分か4等分に切ります。

さつま揚げは4等分に切ります。

 

(2)

 
鍋に水、大根、昆布を入れて蓋をし強火にかけ沸騰したら弱火にして15分加熱します。

 

(3)

 
さつま揚げと調味料を入れて蓋をし、また強火にして沸騰したら弱火でさらに10分加熱します。

 

出来上がり♪

 
【味しみしみ】大根とさつま揚げの煮物の写真

 
 
【味しみしみ】大根とさつま揚げの煮物の写真

 

 

 

作り方について

さつま揚げは色んな種類がありますがお好きなさつま揚げで作ってみて下さい。

さつま揚げにこだわらず、練り物でしたら代用可能です。

 

 

 

いただきます♪

大根がしっかり染みています。

さつま揚げと大根の組み合わせって本当にいいですよね!

最高のおかずですし、おつまみにもGOOD!

 


スポンサーリンク


 

使った材料の小話

 

大根の部位について

 

大根は上部、中部、下部の部位によって食感や味に違いがあります。

葉がついている【上部】が最も甘くサラダなどにおすすめです。辛い大根おろしが苦手な方は上の部分を使うと良いでしょう。

【中部】は辛さ甘さがバランス良く煮物など色んなお料理に使えます。

【下部】は辛さが強く辛い大根おろしがお好きな方は下部が良いでしょう。味付けをしっかりするお料理などにおすすめです。

※お料理に決りはありません。あくまでも目安なので各部位をお好みで調理してみて下さい。

 

 

みりん風調味料と本みりんの違いとは?

 

本みりんには添加物は含まれていません。

みりん風調味料は水飴、化学調味料、塩などが含まれています。
調理する際は塩分を減らして使いましょう。

含まれているアルコールにも違いがあります。
本みりんにはアルコールが多く含まれてますが、みりん風調味料にはアルコールは1%未満です。

 

 

お知らせ

 

当サイト【アイラブ・メシ】のLINEアカウントです!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、お問い合わせなど

【味しみしみ】大根とさつま揚げの煮物で使った食材の関連レシピ

【味しみしみ】大根とさつま揚げの煮物のおさらい

お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

 

今回のレシピでは【大根、醤油】を使いましたが、他にもレシピがございます。

 

【大根】を使ったレシピ一覧

【醤油】を使ったレシピ一覧

 

 

大根のおすすめレシピ

具だくさん!大根みそ汁のレシピ

 

醤油のおすすめレシピ

タレと良く絡む!豚のにんにくしょうが焼き

 

※その他のレシピも検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

ピックアップ

 

砂糖とバターのりんご煮アイス添えのレシピ

作り方

 

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お問い合わせのお名前は匿名でも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 

 

レシピのおさらい

  • さつま揚げは色んな種類がありますがお好きなさつま揚げで作ってみて下さい。
  • さつま揚げにこだわらず、練り物でしたら代用可能です。
  • 大根がしっかり染みています。最高のおかずですし、おつまみにもおすすめ!


スポンサーリンク