今回のお料理はこんな感じです♪

にんにくの醤油漬けとひき肉で丼にしました。
にんにくと肉の組み合わせは最高!

 

にんにくの醤油漬けの作り方はこちら

 


スポンサーリンク


 

 

材料(2人分)

●豚ひき肉か合びき肉...150g
●にんにくの醤油漬け...3かけ
●長ねぎ...1本
●のり...適量
●ご飯...適量
●サラダ油...大さじ1

 
【味付け】
●醤油...大さじ1と1/2
●酒...大さじ1
●砂糖...大さじ1/2

 

 

作り方

 

STEP

 
にんにくの醤油漬けは半分に切ります。
長ねぎはみじん切りにします。

 

STEP

 
フライパンを中火で温めてサラダ油を入れて熱します。

 

STEP

 
にんにくの醤油漬けを入れて香りがするまでさっと炒めます。

 

STEP

 
ひき肉と長ねぎを入れてひき肉に火を通します。

 

STEP

 
味付けの材料を加えて更に炒めます。

※汁気は残して下さい。

 

STEP

 
丼にご飯を盛ってステップ5の汁をかけます。

 

STEP

 
ご飯の上に、にんにくとひき肉をのせます。

 

STEP

 
のりを刻んでひき肉の上にのせます。

 

出来上がり♪

 

 
 

 
 

 

 

作り方について

長ねぎの変わりに玉ねぎでも作れます。玉ねぎの場合もみじん切りにして下さい。

ステップ5の味付けを加えて炒める工程ですが、汁気は完全に飛ばさずに炒めて下さい。
汁はステップ6のようにご飯にかけると美味しいですよ。

 

 

いただきます♪

ひき肉に味付けをしっかりつけてあるので、とてもご飯が進みます。

にんにくとひき肉の相性はとてもいいので、更にご飯が進む!

 


スポンサーリンク


 

 

今回使った材料の豆知識

 

【にんにくの醤油漬けのひき肉丼のレシピ】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

ひき肉の保存方法

ひき肉の保存は冷凍をオススメします。


1度に使いきれる量のひき肉をラップで薄く平にして包みます。


フリーザーバッグにラップで包んだひき肉をまとめて入れます。


フリーザーバッグの口をしっかり閉めて冷凍庫に入れます。

 

【保存期間】
2週間~1ヵ月

 

 

長ねぎの保存方法と保存期間

 
【保存方法】
青い部分と白い部分を切り分けてそれぞれ新聞紙に包みます。
冷蔵庫の野菜室に立てて保存します。

 
●冬の場合
冬は冷蔵庫ではなく冷暗所で保存できます。新聞紙に包み、立てて保存します。

 
●冷凍保存も可能です。
長ねぎを洗って水分をふき取りみじん切り、細切り、斜め切りなどに切ります。
1度に使いきれる量をラップで包み、平らにして空気を抜きフリーザーバックに入れて冷凍します。

【保存期間】
冷蔵庫で1週間から10日
冷凍庫で1カ月

 

 

 

当サイト【アイラブ・メシ】のLINEアカウントです!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

LINE@限定プレゼントキャンペーンを実施予定です!

友だち追加

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめ、最新情報など

【にんにくの醤油漬けのひき肉丼のレシピ】で使った食材の関連レシピ

【にんにくの醤油漬けのひき肉丼のレシピ】についてのまとめ

最新情報、お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

今回のレシピでは【ひき肉】を使いましたが、他にも【ひき肉】を使ったこのようなレシピがございます。

 

簡単!うまい!ひき肉の納豆キムチラーメンのレシピ

ほっとする味!ひき肉と大根の煮物のレシピ

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

 

レシピのまとめ

今回のお料理はこんな感じです♪
にんにくの醤油漬けとひき肉で丼にしました。
にんにくと肉の組み合わせは最高!

 
 
作り方について
長ねぎの変わりに玉ねぎでも作れます。玉ねぎの場合もみじん切りにして下さい。

ステップ5の味付けを加えて炒める工程ですが、汁気は完全に飛ばさずに炒めて下さい。
汁はステップ6のようにご飯にかけると美味しいですよ。

 
 
いただきます♪
ひき肉に味付けをしっかりつけてあるので、とてもご飯が進みます。

にんにくとひき肉の相性はとてもいいので、更にご飯が進む!

 

 

最新情報

当サイトの最新情報のお知らせを受け取れます。
下の読者登録をクリックしてメールアドレスをご記入して送信して下さい。
当サイトが記事を更新するとメールでお知らせをいたします。

読者登録

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 


スポンサーリンク