■ポイント

ひき肉と豆腐で食べ応え抜群なカレー味のスープです。

 

 

材料(4人分)

●オリーブオイル...大さじ1
●豚ひき肉か合びき肉...100g
●にんじん...1本
●にんにく...2かけ
●木綿豆腐...1丁
●卵...2個
●水...1000ml

 
【味付け】
●カレー粉...小さじ1
●鶏ガラスープの素...小さじ2
●コンソメ...大さじ1

 



スポンサーリンク

 

作り方

 


STEP

にんじんとにんにくはみじん切りにします。
豆腐は軽く水切りして食べやすい大きさに切ります。
卵は器に入れて溶きます。

 


STEP

鍋を温めてオリーブオイルを熱して、にんにくを入れて軽く炒めます。

 


STEP

ステップ2にひき肉、にんじんを加えてひき肉に火が通るまで炒めます。

 


STEP

ステップ3に水と味付けの材料を加えて沸騰させます。

 


STEP

沸騰したら、灰汁を取りそのあと弱火にし3分から5分加熱します。

 


STEP

豆腐と溶き卵を加えて中火にして卵に火を通します。

 


 

出来上がり♪

 


 

 
 

 
 

 
 

 

 

作り方について

今回のレシピでは野菜はにんじんとにんにくだけですが、玉ねぎを入れたりしいたけを入れたり、お好みでどうぞ!

更に、ひき肉ではなく豚バラや鶏肉でも作れます。

オリーブオイルが無かったらサラダ油でも代用可能です。

 

 

食レポ♪

ひき肉入りで食べ応えがあって最高!

白ご飯、漬物、そして今回のスープの組み合わせがたまらない!

 



スポンサーリンク

 

 

今回使った材料の豆知識

【ひき肉のカレーコンソメスープのレシピ】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

ひき肉の保存方法

ひき肉の保存は冷凍をオススメします。


1度に使いきれる量のひき肉をラップで薄く平にして包みます。


フリーザーバッグにラップで包んだひき肉をまとめて入れます。


フリーザーバッグの口をしっかり閉めて冷凍庫に入れます。

【保存期間】
2週間~1ヵ月まで

 

にんじんの保存方法と保存期間

【保存方法】
にんじんは新聞紙に1本ずつ包み、野菜室に立てて保存しましょう。

濡れている場合は痛みやすいので拭き取ります。

【保存期間】
2週間

 

●切ったにんじんの場合
1度に使い切れなかったにんじん(切ったにんじん)は切り口から痛むのでしっかりラップに包み冷蔵庫で保存。

【保存期間】
3日

 

 

オリーブオイルで柔らかく焼いた、にんにくはうまい!

材料
●にんにく...1かたまり
●オリーブオイル...大さじ1

 

作り方


にんにくの皮を剥き、下のかたい所を切り取ります。


フライパンを温めて、オリーブオイルを熱し弱火にしてにんにくを入れて蓋をします。


両面に焼き目がついたら火をとめて、そのまま放置します。

※放置する事でしっとり柔らかくなります。

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめ、最新情報など

【ひき肉のカレーコンソメスープのレシピ】で使った食材の関連レシピ

【ひき肉のカレーコンソメスープのレシピ】についてのまとめ

最新情報、お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

今回のレシピでは【にんじん】を使いましたが、他にも【にんじん】を使ったこのようなレシピがございます。

 

りんごのハチミツ煮を添える、ノンバターにんじんパウンドケーキのレシピ

ピーマンとにんじんのごま油きんぴらのレシピ

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

レシピのまとめ

■ポイント
ひき肉と豆腐で食べ応え抜群なカレー味のスープです。

 
 
■作り方について
今回のレシピでは野菜はにんじんとにんにくだけですが、玉ねぎを入れたりしいたけを入れたり、お好みでどうぞ!

更に、ひき肉ではなく豚バラや鶏肉でも作れます。

オリーブオイルが無かったらサラダ油でも代用可能です。

 
 
■食レポ
ひき肉入りで食べ応えがあって最高!

白ご飯、漬物、そして今回のスープの組み合わせがたまらない!

 

 

最新情報

当サイトの最新情報のお知らせを受け取れます。
下の読者登録をクリックしてメールアドレスをご記入して送信して下さい。
当サイトが記事を更新するとメールでお知らせをいたします。

読者登録

 

さらに、ツイッターとスナップディッシュでは最新情報のお知らせや過去にご紹介したレシピも載せております。

ツイッターはこちら

スナップディッシュはこちら

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 



スポンサーリンク