大根たっぷり!豆腐のピリ辛みぞれ煮の写真

 

 

まえがき

豆腐をすりおろした大根で煮ます。
ちょっとピリ辛にしてご飯が進みます。
作る工程は意外にも少な目!

 


スポンサーリンク


 

材料(4人分)

●木綿豆腐...1丁
●大根...300g
●豚ひき肉...150g
●ごま油...大さじ1
●オイスターソース...大さじ4

 
【A】
●豆板醤...小さじ1
●すりおろしにんにく...小さじ1
●すりおろし生姜...小さじ1

 
【仕上げ】
●万能ねぎ...適量

 

 

作り方

 

(1)

 
ボウルにザルを重ね豆腐を入れて15分くらい水切りしたら16等分に切ります。

大根は皮を剥きすりおろします。

 

(2)

 
フライパンを中火にかけごま油をひきAを入れて香りがたったら、ひき肉を加えて火が通るまで炒めます。

大根たっぷり!豆腐のピリ辛みぞれ煮の写真

大根たっぷり!豆腐のピリ辛みぞれ煮の写真

 

(3)

 
すりおろした大根、オイスターソースを加えて煮たったら豆腐も加えて弱火にして蓋をし5分加熱します。

大根たっぷり!豆腐のピリ辛みぞれ煮の写真

 

(4)

 
お皿に盛り、お好みで刻んだ万能ねぎをちらします。

 

出来上がり♪

 
大根たっぷり!豆腐のピリ辛みぞれ煮の写真

 
 
大根たっぷり!豆腐のピリ辛みぞれ煮の写真

 

 

 

作り方について

製造会社によって辛さや濃さに違いがありすので豆板醤の量は調整して下さい。

大根は皮を剥いてすろおろした状態で300gです。

豆腐は木綿豆腐で作ると崩れにくいです。崩れてもいいのでしたら絹ごし豆腐でも作れます。

 

 

 

いただきます♪

麻婆豆腐を思わせる味付けでご飯が進みます。豆腐と大根は本当に合いますよね。

にんにくと生姜を入れて中華っぽくなり豆板醬でぴりっと辛く、どんどん食べてしまいます。

 


スポンサーリンク


 

使った材料の小話

 

大根の部位について

 

大根は上部、中部、下部の部位によって食感や味に違いがあります。

葉がついている【上部】が最も甘くサラダなどにおすすめです。辛い大根おろしが苦手な方は上の部分を使うと良いでしょう。

【中部】は辛さ甘さがバランス良く煮物など色んなお料理に使えます。

【下部】は辛さが強く辛い大根おろしがお好きな方は下部が良いでしょう。味付けをしっかりするお料理などにおすすめです。

※お料理に決りはありません。あくまでも目安なので各部位をお好みで調理してみて下さい。

 

 

残った豆腐の保存方法

 

使いかけの豆腐と水を密閉が出来る容器に入れます。そして冷蔵庫で保存。
水は毎日変えましょう。

夏は特に傷みやすいので1日2回水を変えます。

 

 

お知らせ

 

当サイト【アイラブ・メシ】のLINEアカウントです!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、お問い合わせなど

【大根たっぷり!豆腐のピリ辛みぞれ煮】で使った食材の関連レシピ

【大根たっぷり!豆腐のピリ辛みぞれ煮】のおさらい

お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

 

今回のレシピでは【大根、豆板醬】を使いましたが、他にもレシピがございます。

 

【大根】を使ったレシピ一覧

【豆板醬】を使ったレシピ一覧

 

 

大根のおすすめレシピ

豚つくねのピリ辛、大根おろし煮のレシピ

 

豆板醬のおすすめレシピ

トマトジュースで作る!ピリ辛ミートソーススパゲッティのレシピ

 

※その他のレシピも検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

ピックアップ

 

砂糖とバターのりんご煮アイス添えのレシピ

作り方

 

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お問い合わせのお名前は匿名でも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 

 

レシピのおさらい

  • 製造会社によって辛さや濃さに違いがありすので豆板醤の量は調整して下さい。
  • 大根は皮を剥いてすろおろした状態で300gです。
  • 豆腐は木綿豆腐で作ると崩れにくいです。崩れてもいいのでしたら絹ごし豆腐でも作れます。
  • 麻婆豆腐を思わせる味付けでご飯が進みます。豆腐と大根は本当に合います。にんにくと生姜を入れて中華っぽくなり豆板醬でぴりっと辛く、どんどん食べてしまいます。


スポンサーリンク