圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

 

今回のお料理はこんな感じです♪

圧力鍋で作るので、しっとり柔らかい!
手軽に作れるだけでなく、鶏ももチャーシューは色んなお料理に使えます!

 


スポンサーリンク


 

 

材料(2人分)

●鶏もも肉...2枚
●生姜...スライス4枚
●酒...大さじ2
●水...800ml

 
【漬けダレ】
●醤油...大さじ2
●みりん...大さじ2
●酒...大さじ2
●砂糖...大さじ1

 

 

作り方

 

STEP

 
生姜は薄く切ります。

 

STEP

 
圧力鍋に鶏もも肉、生姜、酒、水を入れます。

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

STEP

 
蓋をして高圧にセットして強火で火にかけます。

 

STEP

 
ピンが上がったら、弱火にして20分加熱します。

 

STEP

 
20分たったら、火を止めてピンが下がるまでそのまま放置します。

 

STEP

 
漬けダレを作ります。
ふつうの鍋にタレの材料を入れて強火で火にかけます。

 

STEP

 
沸騰したら、弱火にして3分ほど煮ます。

 

STEP

 
火を止めて粗熱を取ります。

 

STEP

 
袋に茹でた鶏もも肉とステップ8を入れて冷蔵庫に2時間もしくは時間に余裕がありましたら1日入れます。

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

STEP10

 
鶏ももチャーシューをお好みの大きさに切ります。

 

STEP11

 
鍋にステップ10の鶏ももチャーシューと漬けダレを入れて弱火で火にかけて1分ほど温めます。

 

出来上がり♪

 
圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 
 
圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 
 
圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

 

作り方について

鶏ももチャーシューは温めた後に切ると崩れやすいので、ステップ10,11のように鶏ももチャーシューを切った後に温めます。
その方が綺麗に切れますよ。

 

 

いただきます♪

味が良く染みて更にしっとり柔らかい!

ご飯にはもちろん、お酒のお供にどうですか?

 


スポンサーリンク


 

 

鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

鶏ももチャーシューは、そのままでももちろん美味しいのですが、色んなお料理に使う事が出来ます。

圧力鍋で鶏もも肉を茹でた時に出る茹で汁、鶏もも肉を煮たあとに漬けたタレも捨てずに使います!

 

 

 

鶏ももチャーシューのせガーリックライスのレシピ

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

【材料】

●ご飯...250g
●にんにく...2かけ
●バター...10g
●鶏もも肉を漬けたあとのタレ...大さじ1
●塩こしょう...少々

 

 

【作り方】

STEP

 
鶏ももチャーシューの作り方のステップ10、11のように事前に温めておいて下さい。
にんにくはみじん切りにします。

 

STEP

 
フライパンを中火で温めてバターを入れて溶かします。

 

STEP

 
にんにくを入れて薄い焼き目がつくまで炒めます。

 

STEP

 
ご飯を入れて1分ほど炒めます。

 

STEP

 
鶏もも肉を漬けたあとのタレと塩こしょうを加えて軽く炒めます。

 

STEP

 
お皿にガーリックライスを盛り、鶏ももチャーシューを添えます。

 

出来上がり♪

 

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

 

 

鶏もも肉のゆで汁で作る!春雨たまごスープのレシピ

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

【材料】

●鶏ももチャーシューを作る時に出た鶏もも肉の茹で汁...全量
●春雨...30g
●卵...2個
●鶏もも肉を漬けたあとのタレ...大さじ2
●オイスターソース...大さじ3

 

 

【作り方】

STEP

 
鶏もも肉を茹でた茹で汁に春雨、鶏もも肉を漬けたあとのタレ、オイスターソースを入れて強火で火にかけます。

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

STEP

 
沸騰したら弱火にして10分ほど、過熱します。

 

STEP

 
中火にして、溶いた卵を加えて軽く混ぜて卵に火を通します。

 

出来上がり♪

 

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

 

 

鶏ももチャーシューのオイスターソースパスタのレシピ

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

【材料】

●鶏ももチャーシュー...80g
●にんにく...2かけ
●しいたけ...3個
●オリーブオイル...大さじ1/2
●オイスターソース...大さじ1
●鶏もも肉を漬けたあとのタレ...大さじ1/2
●バター...10g
●パスタ...100g

 

 

【作り方】

STEP

 
にんにくは半分に切ります。
しいたけは石づきを切り取り、傘の部分を細く切ります。
パスタはお好みの固さになるまで茹でておきます。

 

STEP

 
フライパンを中火で温めて、オリーブオイルを入れて熱します。

 

STEP

 
にんにくを入れて薄く焼き目がつくまで炒めます。

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

STEP

 
しいたけ、鶏ももチャーシューを加えてしいたけに火を通します。

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

STEP

 
バター、オイスターソース、鶏もも肉を漬けたあとのタレを加えて弱火で炒めます。

 

STEP

 
茹でたパスタを加えて中火で火にかけながら絡めます。

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

出来上がり♪

 

圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!

 

 

 

今回使った材料の豆知識

 

【圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

鶏もも肉の力!

コレステロールや脂肪分が少なくビタミンB2、鉄分が豊富で動脈硬化などの生活習慣病や貧血予防に有効とされています。

 

 

生姜の保存方法と保存期間

●常温保存
常温で保存する場合、新聞紙で生姜を包み、風通しの良い冷暗所で保存。

 
●冷蔵保存
冷蔵庫で保存する場合、新聞紙で生姜を包み冷蔵庫の野菜室に入れて保存。

 
●切った場合
カットした部分をしっかりラップで隠れるように生姜全体にラップをし
新聞紙に一つずつ入れて野菜室での保存が可能です。

 
●切って冷凍保存も可能。
輪切りもしくは千切りしフリーザーバッグに入れて、平らにして空気をしっかり抜いて冷凍庫へ入れます。

 
●すりおろし生姜も冷凍保存が出来ます。
生姜をすりおろしたら水気を切りラップにのせて包み、冷凍しても手で折れるくらいの薄さで平らにしてタッパーに入れるかバットの上におきます。

 
【保存期間】
常温で10日~2週間
冷凍で1~2カ月

 

 

濃口醤油より薄口醤油の方が塩分が高い!?

濃口醤油の塩分は16%

薄口醤油の塩分は18%

濃口醤油の方が塩分が高いように思われますが、じつはその逆で濃口醤油と薄口醤油を比べますと薄口醤油の方が塩分が高いのです。

 

 

 

当サイト【アイラブ・メシ】のLINEアカウントです!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

LINE@限定プレゼントキャンペーンを実施予定です!

友だち追加

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめなど

【圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!】で使った食材の関連レシピ

【圧力鍋で柔らか!鶏ももチャーシュー&鶏ももチャーシューを使ったレシピ3品!】についてのまとめ

お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

今回のレシピでは【生姜】を使いましたが、他にも【生姜】を使ったこのようなレシピがございます。

 

生姜入り炊き込みご飯いなり寿司のレシピ

体ぽかぽか!生姜チャーハンのレシピ

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

 

レシピのまとめ

今回のお料理はこんな感じです♪
圧力鍋で作るので、しっとり柔らかい!
手軽に作れるだけでなく、鶏ももチャーシューは色んなお料理に使えます!

 
 
作り方について
鶏ももチャーシューは温めた後に切ると崩れやすいので、ステップ10,11のように鶏ももチャーシューを切った後に温めます。
その方が綺麗に切れますよ。

 
 
いただきます♪
味が良く染みて更にしっとり柔らかい!

ご飯にはもちろん、お酒のお供にどうですか?

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 


スポンサーリンク