■ポイント

リンゴジャムと生クリームを合わせてクリームにしました。もちもちのクレープにかけて召し上がれ!

 

 



スポンサーリンク

 

材料(4人分)

【クレープ生地】
●卵...2個
●薄力粉...100g
●砂糖...30g
●牛乳...250ml
●バニラオイルかバニラエッセンス...5滴

 
【リンゴジャムクリーム】
●リンゴジャム...300g
●生クリーム...50ml

 

 

りんごジャムの作り方はこちら

リンゴジャムの作り方その1

リンゴジャムの作り方その2

 

 

作り方

 

STEP

 
クレープ生地を作ります。
ボールに卵、砂糖、ふるった薄力粉を入れてしっかり混ぜて、そのあと牛乳を数回に分けて加えます(加える度に良く混ぜます)

 

STEP

 
クレープ生地を漉してなめらかにして、バニラオイル(バニラエッセンス)を加えて軽く混ぜます。

 

STEP

 
ステップ2にラップをして冷蔵庫に1日入れます

 

STEP

 
クレープ生地を焼きます。
フライパンを弱めの中火にかけて、キッチンペーパーにサラダ油を染み込ませてフライパンに油を馴染ませます。

 

STEP

 
ステップ4のフライパンにクレープ生地を流し入れ薄く伸ばします

※今回使ったフライパンは26センチ。生地は60ml流し入れました。

 

STEP

 
クレープ生地の周りの一部がほんのり焼き目がついたら周りをお箸などでフライパンからはがして裏返します。裏面は10秒くらい焼きます。

 

STEP

 
2枚目以降も同様にステップ4、5、6の工程を繰り返します。

 

STEP

 
リンゴジャムクリームを作ります。
ミキサーにリンゴジャムと生クリームを入れてしっかり混ぜます。

 

STEP

 
クレープをたたみ、その上にリンゴジャムクリームをかけます。

 

出来上がり♪

 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

 

作り方について

ステップ3のクレープ生地を冷蔵庫に入れる工程ですが、出来立てのクレープ生地を焼くよりも冷蔵庫に入れておいた方がもちもちとした食感があります。

最初のクレープを焼くときは失敗しても、2枚3枚と焼いていくうちに慣れていきます。

クレープを焼いてひっくり返す時にフライパンにくっついて破れるといったお問い合わせを頂きます。

対策としては新しいフライパンでクレープを焼く事です。

 

 

食レポ♪

クレープがご家庭で楽しめるっていいですね!

慣れればクレープもとても簡単に作れるスイーツです。

もちもちのクレープ、その上にはリンゴジャムのクリーム。

お互いがケンカせずにバランスが良く、しっかりと味わえます。焼いたらすぐに食べて下さい。焼きたてが1番もちもちしてます。

 



スポンサーリンク

 

 

今回使った材料の豆知識

 

【りんごジャムクリームがけクレープのレシピ】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

卵の賞味期限

卵に記載されている賞味期限は生食が出来る期限です。
火を通せば、賞味期限が切れても食べれます。
賞味期限が切れてから1週間、10日、1カ月と色々言われてますが、卵を割ってみて確認する事も出来ます。
卵を割って白身が変色、黄身の形が崩れてる場合は食べるのはやめておいた方がいいでしょう。

 

 

生クリームの種類について

生クリームは、大きく分けて2種類あります。

動物性脂肪」と「ホイップクリーム」もしくは「植物性脂肪

ホイップクリーム(植物性脂肪)は低カロリーでお値段も安い。

しかし、動物性脂肪の方が生クリーム独特のしっかりとしたコクや奥深さがあります。

スイーツを作る際は動物性脂肪のクリームがおすすめです。

 

 

 

LINE@始めました!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

LINE@限定プレゼントキャンペーンを実施予定です!

友だち追加

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめ、最新情報など

【りんごジャムクリームがけクレープのレシピ】で使った食材の関連レシピ

【りんごジャムクリームがけクレープのレシピ】についてのまとめ

最新情報、お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

今回のレシピでは【牛乳】を使いましたが、他にも【牛乳】を使ったこのようなレシピがございます。

 

牛乳消費にいかが?煮込みミルクプリンのレシピ

いちごジャムソースがけフレンチトーストのレシピ

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

 

レシピのまとめ

■ポイント
リンゴジャムと生クリームを合わせてクリームにしました。もちもちのクレープにかけて召し上がれ!

 
 
■作り方について
ステップ3のクレープ生地を冷蔵庫に入れる工程ですが、出来立てのクレープ生地を焼くよりも冷蔵庫に入れておいた方がもちもちとした食感があります。

最初のクレープを焼くときは失敗しても、2枚3枚と焼いていくうちに慣れていきます。

クレープを焼いてひっくり返す時にフライパンにくっついて破れるといったお問い合わせを頂きます。

対策としては新しいフライパンでクレープを焼く事です。

 
 
■食レポ
クレープがご家庭で楽しめるっていいですね!

慣れればクレープもとても簡単に作れるスイーツです。

もちもちのクレープ、その上にはリンゴジャムのクリーム。

お互いがケンカせずにバランスが良く、しっかりと味わえます。焼いたらすぐに食べて下さい。焼きたてが1番もちもちしてます。

 

 

最新情報

当サイトの最新情報のお知らせを受け取れます。
下の読者登録をクリックしてメールアドレスをご記入して送信して下さい。
当サイトが記事を更新するとメールでお知らせをいたします。

読者登録

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 



スポンサーリンク