■ポイント

鶏もも肉にじっくりと熱を通ししっとりさせます。さらに茹でた時の汁も使ってスープを作ります!

 

 

材料(2人分)

●鶏もも肉...2枚
●長ねぎの青い部分...1本分
●酒...大さじ2
●薄く切った生姜...2枚
●水...800ml

 
【ねぎダレ】
●長ねぎの白い部分...1本分
●すりおろし生姜...小さじ1/2
●醤油...大さじ3
●砂糖...大さじ1/2
●茹で鶏の煮汁...大さじ1

 
【茹で鶏の煮汁スープ】
●茹で鶏の煮汁...全量
●醤油...大さじ1と1/2
●コンソメ...小さじ1
●卵...1個

 



スポンサーリンク

 

作り方

ステップ1

鶏もも肉に表と裏にフォークで穴をあけます。

 

ステップ2

鍋に長ねぎの青い部分、酒、薄く切った生姜、水を入れてしっかりぐつぐつと沸騰させます。

 

ステップ3

ステップ1の鶏もも肉を入れます。

※鶏もも肉がお湯に隠れるように入れて下さい。

 

ステップ4

鶏もも肉を入れたら蓋をしてすぐ火をとめます。

 

ステップ5

冷めるまで放置します。

 

ステップ6

冷めたら鶏もも肉と長ねぎの青い部分と生姜を取り出します。

 

ステップ7

茹でた鶏もも肉を食べやすい大きさに切ります。

 

ステップ8

つづいてタレを作りましょう。
長ねぎの白い部分をみじん切りにします。

 

ステップ9

ボールにねぎダレの材料を全て入れて混ぜます。

 

ステップ10

つづいてスープを作りましょう。
茹で鶏を作った時の汁の鍋を火にかけます。

 

ステップ11

沸騰したら灰汁を取り除き、醤油とコンソメと溶き卵を入れます。

 

ステップ12

茹で鶏にねぎダレをかけます。

 

出来上がり♪

 

 

 

 

 

 

 

作り方について

ステップ4の鶏もも肉を入れて蓋をしたら冷めるまで蓋は開けないで下さい。

 

 

食レポ♪

これでいっきに鶏肉が堪能出来ちゃいます!

茹で鶏はしっとり!ねぎダレは奥の方に生姜がきいて美味しい!

スープはほんのりコンソメの味がしてほっこりします!

 



スポンサーリンク

 

今回のレシピで使った材料の効能と豆知識

鶏もも肉のカロリーを抑える方法とは!?

 
【鶏もも肉の効能】
・貧血予防
など

【豆知識】
カロリーが気になる方は鶏もも肉の皮を取れば大幅に減らす事が出来ます。

 

 

長ねぎと良く合う食材は・・・

 
【長ねぎの効能】
・免疫力アップ
・疲労回復
・食欲増進
など

【豆知識】
血液をサラサラにする作用があります。
青い部分にはβカロテンが多く含まれてます。
長ねぎに含まれている硫化アリルはビタミンB1の吸収を助けます。ビタミンB1は特に豚肉に多く含まれています。

 

 

 

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 
お問い合わせをクリックしてお名前、メールアドレス、本文を入力してお送り下さい。

お肉を柔らかくしたい!

簡単なお菓子のレシピを教えてほしい!

などのリクエストを頂いております。

※お名前はニックネームでも構いません。
※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

 
お問い合わせ



スポンサーリンク