■ポイント

なすとトマトの最高な組み合わせ!
市販のミートソースも美味しいですが、生のトマトで手作りしてみませんか?

 

 

材料(3人分)

●皮をむいたトマト...300g
●豚ひき肉か合挽肉...200g
●なす...2個
●にんにく...2かけ
●オリーブオイル...大さじ1
●薄力粉...大さじ1
●スパゲッティの麺...3人分

 
【A】
●水...200ml
●コンソメ...小さじ1
●砂糖...小さじ1
●しょうゆ...小さじ2
●ウスターソース...大さじ1
●ケチャップ...大さじ5

 



スポンサーリンク

 

作り方

 

STEP

 
玉ねぎとにんにくはみじん切りにします。
なすはヘタを切り取りみじん切りにします。

 

STEP

 
トマトの湯むきをします。
トマトの下のところに浅く十字に切り目を入れます。

 

STEP

 
熱湯に入れて30秒くらい転がしてその後、冷水(氷水)に入れて皮を剥きます。

 

STEP

 
皮を剥いたトマトを半分に切り、更にヘタの周りを切り取ります。

 

STEP

 
オリーブオイルを熱したフライパンににんにくを入れてさっと炒めて、すぐにひき肉を加えて火を通します。

 

STEP

 
ステップ5にトマト、なすを加えて1分くらい炒めてその後に薄力粉を加えて軽く混ぜます。

 

STEP

 
【A】をくわえて8分~10分混ぜながら煮詰めます。

 

STEP

 
茹でたスパゲッティをお皿に盛ります。

 

STEP

 
その上にミートソースをかけます。

 

出来上がり♪

 

 
 

 
 

 
 

 

 

作り方について

ステップ7の煮詰める時間ですが、あくまで目安なので様子をみながら煮詰めて下さい。

お好みで粉チーズをかけても美味しいですよ。

 

 

食レポ♪

トマトの酸味とひき肉が良く合い、スパゲッティとしっかりと絡んでくれます!

粉チーズをかけるとまろやかになって更に美味しい!

 



スポンサーリンク

 

 

今回使った材料の豆知識

 

【なすのミートソーススパゲッティのレシピ名】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

トマトの保存方法

トマトを保存する時はヘタを下にしてトマトとトマトがくっつかないように袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
トマトのヘタを下にするのは固定する為です。
トマトとトマトがくっつかないようにするのはくっついたところから傷んでくるからです。

 

 

なすのアク抜き時間

なすのアク抜きをする際、水に浸けますが水に浸ける時間が長すぎるとなすの栄養が水に流れてしまうそうですよ。

水に浸ける時間は長くても15分です。

 

 

ひき肉の保存方法

ひき肉の保存は冷凍をオススメします。


1度に使いきれる量のひき肉をラップで薄く平にして包みます。


フリーザーバッグにラップで包んだひき肉をまとめて入れます。


フリーザーバッグの口をしっかり閉めて冷凍庫に入れます。

 

【保存期間】
2週間~1ヵ月まで

 

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめ、最新情報など

【なすのミートソーススパゲッティのレシピ】で使った食材の関連レシピ

【なすのミートソーススパゲッティのレシピ】についてのまとめ

最新情報、お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

今回のレシピでは【なす】を使いましたが、他にも【なす】を使ったこのようなレシピがございます。

 

なすとろとろ!麻婆茄子のレシピ

茹でなすのトマトソースがけチーズ焼きのレシピ

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

 

レシピのまとめ

■ポイント
なすとトマトの最高な組み合わせ!
市販のミートソースも美味しいですが、生のトマトで手作りしてみませんか?

 
 
■作り方について
ステップ7の煮詰める時間ですが、あくまで目安なので様子をみながら煮詰めて下さい。

お好みで粉チーズをかけても美味しいですよ。

 
 
■食レポ
トマトの酸味とひき肉が良く合い、スパゲッティとしっかりと絡んでくれます!

粉チーズをかけるとまろやかになって更に美味しい!

 

 

最新情報

当サイトの最新情報のお知らせを受け取れます。
下の読者登録をクリックしてメールアドレスをご記入して送信して下さい。
当サイトが記事を更新するとメールでお知らせをいたします。

読者登録

 

さらに、ツイッターとスナップディッシュでは最新情報のお知らせや過去にご紹介したレシピも載せております。

ツイッターはこちら

スナップディッシュはこちら

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 



スポンサーリンク