■ポイント

しゃきしゃきとした食感のもやしと麺に味噌スープを絡めて食べると最高!

 



スポンサーリンク

 

 

材料(2人分)

●ラーメンの麺...2人分
●卵...2個
●もやし...1袋

 
【味噌スープ】
●ごま油...大さじ1
●豚挽き肉か合挽き肉...150g
●すりおろし生姜...小さじ1
●すりおろしにんにく...小さじ1
●味噌...大さじ3
●豆板醤...小さじ1
●砂糖...小さじ2
●鶏ガラスープの素...大さじ2
●水...800ml

 

 

作り方

 

STEP

 
卵と麺は茹でておきます。

※麺は茹で上がったら、しっかり湯を切ります。

 

STEP

 
鍋を温めてごま油を熱しひき肉、すりおろし生姜、すりおろしにんにく、味噌、豆板醤を入れてひき肉に火が通るまで炒めます。

 

STEP

 
ステップ2に砂糖、鶏ガラスープの素、水を入れて沸騰させます。

 

STEP

 
沸騰したら中火にして2分くらい煮ます。

 

STEP

 
ステップ4にもやしを入れてさっと茹でます。

 

STEP

 
もやしとひき肉を取り出してスープとわけます。

 

STEP

 
丼に麺とスープを入れます。

 

STEP

 
その上にもやしとひき肉とゆで卵をのせます。

※お好みで海苔ものせると美味しいですよ。

 

出来上がり♪

 

 
 

 
 

 
 

 
 

 

 

作り方について

今回のラーメンはとくに難しい作業はございません。

工程8個ありますが、ひとつひとつ簡単です。

あっと言う間に作れるので、是非作ってみて下さい。

もやしとひき肉に味がしっかりついてるので、麺と一緒に召し上がり下さい。

麺だけ召し上がると味が薄く感じてしまいます。

 

 

食レポ♪

もやしのしゃきしゃき感がいい!たっぷりなので食べ応え抜群!

ひき肉がスープにコクを与えてどんどん飲めちゃう!

おすすめなのが、茹で卵の黄身をスープに溶かして飲むことです。味噌スープがまろやかになって美味しいですよ。

具はもやし、卵、ひき肉でシンプルなのですが、シンプルだからこそひとつひとつの具を堪能する事が出来ます。

 



スポンサーリンク

 

 

今回使った材料の豆知識

 

【もやしたっぷり!味噌ラーメンのレシピ】で使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

ひき肉の保存方法

ひき肉の保存は冷凍をオススメします。


1度に使いきれる量のひき肉をラップで薄く平にして包みます。


フリーザーバッグにラップで包んだひき肉をまとめて入れます。


フリーザーバッグの口をしっかり閉めて冷凍庫に入れます。

 

【保存期間】
2週間~1ヵ月まで

 

 

卵の賞味期限

卵に記載されている賞味期限は生食が出来る期限です。
火を通せば、賞味期限が切れても食べれます。
賞味期限が切れてから1週間、10日、1カ月と色々言われてますが、卵を割ってみて確認する事も出来ます。
卵を割って白身が変色、黄身の形が崩れてる場合は食べるのはやめておいた方がいいでしょう。

 

 

 

LINE@始めました!更新のお知らせやお得な情報を配信します。

LINE@限定プレゼントキャンペーンを実施予定です!

友だち追加

 

ツイッターもやってます。フォローお待ちしております!

 

 

ほかのレシピのご紹介、まとめ、最新情報など

【もやしたっぷり!味噌ラーメンのレシピ】で使った食材の関連レシピ

【もやしたっぷり!味噌ラーメンのレシピ】についてのまとめ

最新情報、お問い合わせ、リクエストについて

 

 

関連レシピ

今回のレシピでは【もやし】を使いましたが、他にも【もやし】を使ったこのようなレシピがございます。

 

もやし入り豚つくねのもやしソースがけのレシピ

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

 

レシピのまとめ

■ポイント
しゃきしゃきとした食感のもやしと麺に味噌スープを絡めて食べると最高!

 
 
■作り方について
今回のラーメンはとくに難しい作業はございません。

工程8個ありますが、ひとつひとつ簡単です。

あっと言う間に作れるので、是非作ってみて下さい。

もやしとひき肉に味がしっかりついてるので、麺と一緒に召し上がり下さい。

麺だけ召し上がると味が薄く感じてしまいます。

 
 
■食レポ
もやしのしゃきしゃき感がいい!たっぷりなので食べ応え抜群!

ひき肉がスープにコクを与えてどんどん飲めちゃう!

おすすめなのが、茹で卵の黄身をスープに溶かして飲むことです。味噌スープがまろやかになって美味しいですよ。

具はもやし、卵、ひき肉でシンプルなのですが、シンプルだからこそひとつひとつの具を堪能する事が出来ます。

 

 

最新情報

当サイトの最新情報のお知らせを受け取れます。
下の読者登録をクリックしてメールアドレスをご記入して送信して下さい。
当サイトが記事を更新するとメールでお知らせをいたします。

読者登録

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 



スポンサーリンク