■ポイント

きゃべつをたくさん使うレシピです。しんなりさせるので食べやすいです。お肉も使うのでご飯とも相性抜群!

 

 

材料(4人分)

●きゃべつ...500g
●ごま油...大さじ1
●すりおろしにんにく...小さじ1
●すりおろし生姜...小さじ1
●豚ひき肉か合びき肉...150g

 
【A】
●砂糖...小さじ1
●豆板醤...小さじ1
●味噌...大さじ1/2
●酒...大さじ2
●醤油...大さじ2
●水...200ml

 
【水溶き片栗粉】
●片栗粉と水を同量混ぜたもの...適量

 



スポンサーリンク

 

作り方

 


STEP

きゃべつは食べやすい大きさに切ります。
【A】の材料を全て合わせておきます。

 


STEP

フライパンを温めてごま油を熱して、すりおろしにんにくとすりおろし生姜を軽く炒めます。

 


STEP

ステップ1のきゃべつとひき肉を加えてひき肉に火が通るまで炒めます。

 


STEP

【A】を加えて沸騰したら、蓋をして弱火にし6、7分くらい煮ます。

 


STEP

水と片栗粉を同量混ぜた水溶き片栗粉を加えて、とろみをつけます。

 


 

出来上がり♪

 


 

 
 

 
 

 
 

 

 

作り方について

水溶き片栗粉を加えるときは、少しずつ様子を見ながら加えて下さい。

今回のレシピでは、【水大さじ1】【片栗粉大さじ1】を加えました。

煮る時の水分の減り具合の違いがありますので、調整して下さい。

 

 

食レポ♪

きゃべつがしんなりしていて、あんとも良く絡みどんどん食べちゃいます!

きゃべつの消費にいかがですか?

 



スポンサーリンク

 

 

今回使った材料の豆知識

こちらでは今回のレシピで使った一部の材料の豆知識をご紹介いたします。

 

 

きゃべつを長持ちさせる方法


芯から傷みはじめるので、芯を切り取ります。


キッチンペーパーを水で濡らして切り取ったところに詰めます。


芯の部分を下にして袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れて保存します。

※芯を切り取り濡れたキッチンペーパーを入れる事できゃべつが水分を吸収して鮮度を保つ事が出来ます。

 

ひき肉の保存方法

ひき肉の保存は冷凍をオススメします。


1度に使いきれる量のひき肉をラップで薄く平にして包みます。


フリーザーバッグにラップに包んだひき肉をまとめて入れます。


フリーザーバッグの口をしっかり閉めて冷凍庫に入れます。

【保存期間】
2週間~1ヵ月まで

 

 

 

まとめ、ほかのレシピのご紹介、最新情報など

ポイントと作り方についてのまとめと今回のレシピで使った食材の関連レシピと最新情報、お問い合わせ、リクエストについて

 

 

今回のレシピのまとめ

きゃべつをたくさん使うレシピです。しんなりさせるので食べやすいです。お肉も使うのでご飯とも相性抜群!

水溶き片栗粉を加えるときは、少しずつ様子を見ながら加えて下さい。

今回のレシピでは、【水大さじ1】【片栗粉大さじ1】を加えました。

煮る時の水分の減り具合の違いがありますので、調整して下さい。

 

 

きゃべつを使ったレシピ2品とひき肉を使ったレシピ1品ご紹介!

過去に当サイトでご紹介したレシピをピックアップ!

 

にんにく入り!ピリ辛、豚バラきゃべつ丼のレシピ

きゃべつと豚バラ肉のカレーうどんのレシピ

丸ごと!ピーマンの肉詰めのレシピ

 

※その他のレシピもサイト内検索、カテゴリーなどで簡単に探すことが出来ます。

 

 

最新情報

当サイトの最新情報のお知らせを受け取れます。
下の読者登録をクリックしてメールアドレスをご記入して送信して下さい。
当サイトが記事を更新するとメールでお知らせをいたします。

読者登録

 

さらに、ツイッターとスナップディッシュでは最新情報のお知らせや過去にご紹介したレシピも載せております。

ツイッターはこちら

スナップディッシュはこちら

 

 

お問い合わせとリクエスト

ご紹介したレシピについて、わからない事がありましたらお気楽にお問い合わせ下さい。
さらに「こんな料理作ってほしい!」などのリクエストもお待ちしております。

 
お問い合わせをクリックしてお名前、メールアドレス、本文を入力してお送り下さい。

お肉を柔らかくしたい!

簡単なお菓子のレシピを教えてほしい!

などのリクエストを頂いております。

※お名前はニックネームでも構いません。

※皆様からのリクエストによって出来たレシピも多数ございます。

※リクエストのお問い合わせは記事にご紹介させていただく事もございますがご了承下さい。

 
お問い合わせ

 



スポンサーリンク